あなたの空き家、空き室、空き地、空き店舗をフル活用し、あなたの資産を活かしてみませんか?

  • 空き家対策特別措置法が施行。

    空き家率・過去最高13.6%(2018年10月総務省調べ)、全国に846万戸ある空き家対策のための特別措置法施行が2015年5月26日施行されています。
    老朽化した建物が近所に危険や迷惑を及ぼさないよう、国や自治体が除去や修繕などの命令や強制執行をできるようになり、ご所有者様の空き家への対策が急務となっています。 

  • 空き家を放置するリスク

    屋根瓦や窓ガラスが飛散したり、ブロック塀が倒れるなどして、他人が怪我をした場合、空き家の所有者の責任となり、損害賠償を問われることもあります。
    治安上の不安をはじめ、人の住んでいない家は、リスクがいっぱいです。 増えつづけている空き家の放置による住環境の劣化が、地域の問題へと発展することが懸念されています。

  • 民泊をはじめよう。

    民泊新法が施行されます。適法に民泊を開業しましょう。

  • 貸し出そう。

    改修して、安定的に賃貸する方法もあります。

  • 売り出そう。

    有効に使ってもらうために、、、

  • 空き家、空き室、空き地、空き店舗活用事例

    空き家だけでなく、空き室、空き地、空き店舗の活用を考えていきましょう。


サポートエリア:

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、中原区、幸区、川崎区、高津区、宮前区、港北区、都筑区、青葉区、神奈川区、中区、西区、多摩市、三鷹市、武蔵野市、府中市・奄美大島・徳之島・与論島